FP(ファイナンシャル・プランナー)2級を社会が求めている

FP, FP2級

FP2級は、FP(ファイナンシャル・プランナー)という資格を受けるにあたっては、おそらくいちばん 目標にしやすいクラスになるのではないでしょうか。

FP、ファイナンシャル・プランナーという資格はいつの間にか日本の社会で存在感を高める資格に なってきました。
アメリカで大きく成長していたこのFPとう資格、あまり日本には溶け込んでいないとみなされていた時期も ありましたが、最近は日本の世の中も大きく様変わりしています。
不況が個人の過程に及ぼすインパクトも大きいですし、数年、数十年をにらんだ家計の計画を 立てることがだんだん常識になっていくのではないかといわれています。
もちろん企業社会においてはその風潮はもっと強いですね。

FPの資格は複雑になっているのですが、現在どこの企業も、FP2級(とAFP)の資格を持つ人材を 評価する慣習を持っています。FP2級の資格を持っている人を 金融や経済等の知識をひと通り備えている者として評価する常識が定着しているのです。

もちろんFP1級があればもっといいのですが、FP1級は年数がかかる資格になっていますから むしろ企業にとっては、新しく採用する人材に求めるよりも、 顧問的な立場で探したり自社内で育ってもらったりするような位置づけになりつつあります。
FP2級であれば、それほどの年数が取得にかかるわけではありませんし、 雇用したい人材としてはぴったりな位置づけということですね。

FP2級は、うまくやれば本当に数ヶ月で取得できますし、 その準備段階(FP2級の受験資格を満たす)まで入れても1年かけずに終わらせることもできます。
ただし、うまく事を運ばないと、無駄な時間やお金を使う結果になってしまう恐れはありますね。
FP2級の試験に不合格となる受験者は毎回少ない人数ではありません。
FP2級の資格を取りたいと思う人たちは毎年多く出てきますが、 「時間をかけなくても取れる」という噂を聞いて、それをやろうとするものの 結局失敗する人たちが多いわけです。
時間がかからないといっても就職のチャンスは待ってくれませんし、時間を無駄にせずに受からないと 意味がなくなってしまいますね。
FP2級を最短距離で手に入れるための材料を、これから就職活動をする人たちに ちゃんと拾ってほしいと思います。

>>素早く確実にFP2級を取得するなら、通信講座がおすすめ