FP(ファイナンシャル・プランナー)2級の合格者に開業のチャンスは? 

FP, 開業

FP2級を取得したら、その後の人生を切り開く際に大きな武器を持ったことになります。
就職・転職で使おうとするパターンがほとんどですが、FP2級合格者の中にはひと味違ったヴィジョンを持つ向きも混ざっているようです(特に最近は、働き方が多様化している時代のために増えているようですね)。「開業」や「独立」というパターンを検討する合格者がその典型でしょう。

FPは、企業や組織に所属して活動するのがこれまでの日本におけるオーソドックスな働き方でした。FPとして、自身の事務所等をオープンしている人は、まだ多いとはいえません。
しかし、実際にFPの資格を売り物にしながら成功を収めている独立開業者はいます。今までのところ、保険関係のコンサルティングをやっているパターンが圧倒的多数を占めていますね。
これは理由があります。生命保険等に加入している人は、日本社会ではかなりのパーセンテージに上ります。そのため、保険の新規加入ないし、既存の保険の見直し等の提案やアドバイスをすることは、一定以上の需要を獲得しやすいのです。

というわけで、開業を狙うならこうした保険関係の道で機会を探すのが常套手段といえますね。

ただし、今後はそれ以外の道も歩いて行けるかもしれません。

FPは元来、アメリカのような国で発達してきた職業でした。アメリカの場合日本より個人主義的志向が強いですし、階級格差・所得格差も日本と違ってかなり激しいもの。言い換えますと、日本よりも資産家が多くて、また資産家から報酬を受け取りながら資産計画について分析や助言をする専門家が必要なお国柄なのです。

中産階級でいっぱいの国・日本では、あまりFPに資産面の依頼をする一般市民がこれまでいませんでした。しかし、日本は急速に変化しています。この変化を正確に見抜くことで、新しいFPの出番を発見し、開拓していくこともまったくの夢ではないでしょう。

結局、チャンスがまだ手つかずで残されているのですから、FPとして知識や経験を積んでからであれば、新しい独立・開業の仕方を確立することもできるのではないでしょうか。

>>素早く確実にFP2級を取得するなら、通信講座がおすすめ