FP(ファイナンシャル・プランナー)2級と一緒に宅建を取得したら就職は? 

FP, 宅建

FP2級に合格した場合、不動産業界を目指す人も毎年(あくまでも、少数派にとどまるようですが)一定の割合で出現しているようです。

不動産業界でFP2級合格者が活動するとなると、ある程度行動範囲が限定されてしまうのですが、業界への出入り口を確保するという意味では大いにご利益を期待できますね。
阻止出入り口を見つけるという意味では、FP2級と負けないくらい有望な資格があります。それが「宅建」です。

宅建は、不動産の売買をする際にその内容等を買主に説明するために設置された資格でした。不動産の売買に関する法令は膨大にあるため、宅建は法知識に準拠した資格となっています。FPとはやはり系統が異なる資格でしょう。

いずれにしても、宅建はFP2級に負けないくらい高い人気を誇る資格です。その理由は明白ですね「不動産企業は、宅建の保持者を絶対に雇っていないといけないから」。
もちろんたくさん宅建合格者を必要とするわけではありません。よく「5人に1人」といわれているのですが、実際にそのようなニュアンスの決まりがあることは事実。これらの事情から、宅建を持っていると不動産企業へ就職するときにハードルが下がるという性質があるのです。

宅建とFPは分野が違いますし、むやみに両立させる理由はありませんが、不動産企業への就職にこだわりがある場合や、両方の資格を活かせる働き方を狙っている場合なら、やはり両方を受ける意味は大いにあるでしょう。

※ただし就職で使いたいなら、ただなんとなく受けるのでは中途半端ですね。就職試験・面接のときに「なぜFPも宅建も受けようと思ったのか」「どんな仕事を夢見ているのか」
誰もが納得するような説明をできるように準備しておくことが大切ですね。

>>素早く確実にFP2級を取得するなら、通信講座がおすすめ