FP(ファイナンシャル・プランナー)2級の試験の受験者のために

FP2級, 試験

FP2級の試験を受ける気になったら、まずいつ頃試験があるのかを確かめないといけません。
試験の日が定まらないことには、勉強のスケジュールも立てられませんからね。

幸い、FP2級は原則として年に3回も受験をするチャンスをもらえます。
ようするに、4ヶ月に1回の割合で受けることができますね。
これなら、決してハードルが高い試験だとはいえないでしょう。
FP2級の試験は本当に受けやすい試験であることは疑いありません。

FP2級の試験は、合格発表を受けてから、すぐに次の試験の願書を提出できるように スケジュールを組んでくれますから、1回落ちてもすぐに再チャレンジができる ありがたい試験制度になっています(できれば一発合格したほうがいいですが)。

それでは肝心のFP2級試験の内容はどうなっているでしょうか。

FP2級の試験は、学科試験と実技試験に分かれています。
両方同じ日に試験があります(ただし別の受験日に受けることもできないことはありません)。
実技試験は選択方式になっていて、好きな科目を選んで受けることができます。

学科試験はマークシート方式の筆記試験で、60満点中36点で合格となります。
実技試験は記述式の筆記試験ですが50点満点中30点以上で合格となり、 次のような科目があります。

・個人資産相談業務
・中小事業主資産相談業務
・生保顧客資産相談業務
・損保顧客資産相談業務

これらの科目から好きな科目を選べるといっても、毎回すべての科目が用意されるとは限りませんから スケジュールの確認をするときにその点を間違えないように、くれぐれも気をつけましょう。
スケジュールの発表はそのこともあるからでしょうか、かなり早くから発表されます。

FP2級の試験は学科試験と実技試験に分かれていることもあって、どちらかだけ受かった場合は もう片方だけを受験するということも許されています。これも、再受験をするにあたっては ありがたい点ですね(ただし、どちらかだけを受験する場合は、何年たっても受けられるわけではないですね。
3年以上たつと、最初から受け直しになります)。

>>素早く確実にFP2級を取得するなら、通信講座がおすすめ