FP(ファイナンシャル・プランナー)2級の教材に特に要るのは過去問?

FP2級, 過去問

FP2級の勉強をするときに、大事なことがひとつありますからここで詳細に書いておこうかと思います。
FP2級の勉強をするときは、どんな勉強方法をとるにしても絶対に守ったほうがいいことが ひとつあります。共通しているその方法とは、FP2級の過去問を手に入れること、 そしてそのFP2級の過去問をとにかくやりまくることです。

FP2級の試験では、実に広い範囲が問題に使われています。教科書を広げたらそれは実感できますが、 数ヶ月くらいしか勉強する時間はありませんね。できれば全範囲についてもれなくカバーしておいて、 どこが問題に出されてもいいように構えておきたいでしょうが、おそらく全範囲を念入りにやっていたら 1年かけても終わらないかもしれないくらい、範囲は広めなのです。

実はFP2級の試験問題には独特のくせがあります。
よく問題になっている範囲とめったに問題にならない範囲の違いもありますし、 問題の出され方も毎年一気に変わってしまうことはありません。
何が言いたいのかといえば、過去問を試験までによく解いておくことは、本番の試験の予行練習をするだけの 成果があるのではなく、FP2級の試験問題の特徴を見抜いて利用することができるということです。

FP2級の合格不合格は、過去問をどれくらいうまくやっておくかで決まってしまうのではないでしょうか。
偏った話をひとつすると、過去問を眺めて、過去問に関係した部分をFP2級の教科書から探して、 そこを優先して暗記するようなこともできないことはありません (さすがに、そればかりをやることはおすすめできませんが)。
それでも過去問を最初にちょっとやってみて、 特にわからなかった部分や難しく感じられた部分から先に回すようなことはじゅうぶんありでしょう。

FP2級の過去問はいろいろなところで手に入りますが、ただ問題を手に入れるだけではいけませんし、 正答を探すにしてもただそれだけが書いてあるだけでもいけません。
解説が綿密に書いてあるものを選ぶことも大事なことですね。

なお、通信講座や学校では、よくできたFP2級専用の過去問をつくってくれることがありますから (たとえば、間違っている選択肢についても、なぜそれが不正解なのかを教えてくれるなど) 申し込んでしまえば、過去問のチョイスを心配することはありません。

>>素早く確実にFP2級を取得するなら、通信講座がおすすめ